上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- l top ▲
「泉こなたの告白」の続きです。

タマネギを使わない夕食ってどんなだろ?
夕食の時、私は泣いたことをバレないように、俯き加減で食べていた。
「どうした、こなた。元気ないぞ?」
さすがお父さん…って、そりゃそう聞きたくもなるよね。
さっきから私何も話してない。
「ううん、なんでもないよっ。ちょっと眠くて。」
咄嗟に言い訳をし、無理に笑顔を作る。
「どうした?目が赤いぞ?」
安心させるために無理矢理作った笑顔を見せたら余計心配された。
「タマネギがね…」
また取って付けたような苦しい言い訳。
タマネギくらいでこんなに赤くならないって普通。
しかも、今日の夕食にタマネギ使ってないし。
「そうか…」
寂しそうな顔をしたお父さんはそれ以上私に何も聞いてこなかった。
夕食の後、一通り用事を済ませて自分の部屋に戻る。
何もする気が起きない。
ベッドに倒れ込むと考えるのはかがみのことばかり。
そしてまた涙が出てくる。
泣き疲れたのか、気づけば寝ていて朝になっていた。

朝すべき用事を済ませて制服に着替えて鏡の前に立つ。
どんな顔してかがみに会えばいいんだろう。
…さすがにもういつもの場所で待っててくれるはずないよね。
クラスも違うし、会うこともないだろう。
本当は会いたいけど会いたくない。
駅に着くといつものようにかがみとつかさがいた。
心臓が止まるかと思うほどびっくりした。
心臓のドキドキがどんどん大きくなっていく。
無視するわけにもいかない。二人のそばに近づく。
「おはよー、こなちゃん。」
いつもと変わらない屈託のないつかさの笑顔に少し癒された。
「…おはよー。」
かがみも挨拶をしてくれた。いつも通りの口調、顔つきではなかったが。
「おはよー。」
私もいつも通りのつもりで挨拶する。
学校に着くまで多分何も話してない。
つかさが話す言葉に適当に頷いていた気もするけど。
かがみも多分そんな感じだった…と思う。
「お姉ちゃん、またあとでね。」
2年の廊下に着いてつかさが言う。
「「あとでね…。」」
明かにいつもと違うテンションの口調でそう言った…かがみも同時に言ったらしくハモってた。

教室に入り、自分の席に座るとつかさが寄ってきた。
「こなちゃん、お姉ちゃんと…その…何かあった?」
鋭いも何もない。これで気づかない方がよっぽどの鈍感だ。
「いや…うん…いや別に…その…。」
何を言っているのか自分でもわからない。
「お姉ちゃん、昨日帰ってきてから変なの。」
昨日のあの後の事は知りたい…でも聞けない。
「昨日ね、お姉ちゃんすごい顔で帰ってきたの。怒ってるというか…怯えてるというか…」
あー、そりゃそうだよね、怒るよね…女同士なんて気持ち悪いから怯えるよね…。
そう考えているとつかさがまた口を開く。
「でもね、そのうち“ごめん”みたいな顔になったり、泣きそうな顔してたり…
 たまにちょっと笑ってた気がするんだけど…」
え?かがみが泣く?笑う?というかつかさ、そこまで話していいのか。
つっこめる雰囲気でも状況でもないから口ではつっこまないけど。
「こなちゃんも、今日元気ないし…お姉ちゃんの顔見ないし…。」
───と、予鈴が鳴る
あれ?みゆきさんと挨拶してない…とみゆきさんの席を見るとみゆきさんはいつも通り座っている。
あ…私とつかさが話してるのを見て、声かけづらい雰囲気だったんだろう、ごめんなさいみゆきさん。

昼休み、いつもならかがみがこっちのクラスに来て一緒に食べるんだけど、今日は来るはずもない。
「お姉ちゃん遅いね~。」
「かがみさん、どうしたんでしょう。」
二人がかがみを待っている。
「今日は自分のクラスで食べるんじゃない…」
私はそう軽く言い放った。
そのつもりだった。
「泉さん、寂しそうですね。」
思いもよらない言葉だった。
そんな気持ちで言ったつもりは全くなかったし、寧ろ少し安心してるくらいだし…
でも、心の奥では寂しいのかもしれない。
会いたいけど会いたくない。
三人だと比較的いつも通りの私でいられる。と言うか、そうしてるつもりだったんだけど。
「泉さん、どうかされましたか?お体が優れないんでしょうか?」
「なん…」
なんでもないよ、と言おうと思ったらつかさに遮られた。
「こなちゃん、お姉ちゃんがいないから寂しいんだよ。」
だから、それ以上今のこなたにそういうことを言わないで、と言わんばかりの口調で。
みゆきさんは何か察したのか、それ以上何も聞いてこなかった。
つかさ空気読みすぎ…ありがたいけど。
スポンサーサイト

2008.03.05 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://skyfall.blog52.fc2.com/tb.php/10-2cd5c156
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。