上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- l top ▲
「戸惑うキモチ」の続きです。

ゆたかだから内緒にして欲しいわけじゃない。
けど、日を追うごとに自分の気持ちは消えるどころか増していく。
もう……ダメだ。
結果は目に見えている。
ダメもとでいい。
気持ちだけ伝えよう。
泉先輩が出ますように…そう祈りながらゆたかの家に電話をかける。
「はい、泉ですけど。」
電話に出たのは泉先輩だった、ほっと胸を撫で下ろす。
「あ、あの…岩崎で…」
「あ、ゆーちゃん?ちょっと待ってね。」
「ち…違うんです、先輩に泉先輩に用事があって!」
思いもよらない大きな声でそう叫んだ。
「え?何?私に用事ってどーしたの?」
一旦間をおいて深く深呼吸。
「あ、明日の放課後お話があるので…あの、その二人だけで…」
「え?うん、わかった。明日の放課後ね。放課後中庭で待ってるよ。」
「はい、ありがとうございます。あ、あの…このことはゆたかには内緒で。」
「あー、うん、わかった。じゃー明日ね~。」
少し疑問を感じている様子だったけど、ゆたかには口外しないと約束してくれた。
できればゆたかだけでなく、他の方にも口外はして欲しくないけど…。
スポンサーサイト

2008.02.19 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://skyfall.blog52.fc2.com/tb.php/3-34207d0a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。